大腸がんのステージ【生存率はかなり低くなる?】

スポンサーリンク




大腸がんのステージ【生存率はかなり低くなる?】

0期、1期、2期、3a期、3b期、4期この生存率というのは治療をはじめてから五年生きているかの統計で、病状が進行していても、生きていればこの統計に含まれるそうです。

 

大腸がんの場合、再発のうちの95%以上が、完全にがんを取り除く手術を受けてから5年以内に見つかります(詳しくは「再発の起こりやすい期間と場所」参照)。したがって、「5年生存率」は大腸がんの“治る確率”の目安の一つと言えます。

スポンサーリンク

大腸がんは主に、欧米で発症しやすいがん種でしたが、食の欧米化や生活習慣の変化などにより、日本人の大腸がんの罹患率が大幅に増加している状況です。他がん種にも共通して言えることは、早期発見・治療をすることにより、生存率は高い数字を維持できるため、早期発見が一番の鍵になります。

 

センター協議会の統計と比較すると、解析方法の違いにより当院のデータにおいては、ステージ0〜Uでは低い数値となっておりますが、相対生存率という解析方法では、全国統計とほぼ同等の成績となっております。

 

また、「5年」という期間は、がんの治癒の目安となる期間です。さらに、5年間相対生存率ではがん以外の病気による死亡は除外されているため、この数値はがん患者の治療の効果を表すうえで非常に重要な指標だといえます。

スポンサーリンク

 

おすすめ記事

大腸がんのステージ【症状は悪化していく?】

大腸がんはがんの中では進行が遅いがんだといわれています。大腸がんの粘膜の構造は内側から、粘膜→粘膜下層→固有筋層→漿膜(しょうまく)下層→漿膜となっています。近...

≫続きを読む

大腸がんのステージ【自覚症状はあるの?】

尿やウンチの異常で血尿、血便、下痢や便秘、お腹の張りなどです。通常大腸にできるポリープや、まだ小さな癌などに関してはこれと言った自覚症状はありません。大腸がんに...

≫続きを読む

大腸がんのステージ【余命は何年になる?】

過去を後悔してクヨクヨしてみても余命が伸びる訳ではありません。そこで、寿命を伸ばせそうな事はなんでもやってやろうと決心しました。食事療法、代替療法、ヨガや気功な...

≫続きを読む

大腸がんステージ3の症状とは?

ステージ3期では、免疫細胞の交通網のリンパ管とリンパ節が癌で閉鎖しているため、癌免疫ができていません。 この状態ではどんどん癌細胞が体の中で広がってします。大腸...

≫続きを読む

大腸がんのステージ【生存率はかなり低くなる?】

0期、1期、2期、3a期、3b期、4期この生存率というのは治療をはじめてから五年生きているかの統計で、病状が進行していても、生きていればこの統計に含まれるそうで...

≫続きを読む

大腸がんステージ4までいくとほとんど望みはない?

大腸がんのステージ4(末期がん)は、がんが他の臓器に転移している状態で、治療も困難となります。ステージ4の大腸がんは、大腸や周辺のリンパ節にとどまらず、肝臓や肺...

≫続きを読む

大腸がんステージ【画像や写真をご紹介】

メラノーマ 初期 写真をご覧になりたい方はYAHOOジャパンかgoogleの画像検索機能を使うと効率よくお目当ての画像を探し出すことができます。⇒ YAHOOジ...

≫続きを読む