足の裏のメラノーマは子供には命の危険がある?!

スポンサーリンク




足の裏のメラノーマは子供には命の危険がある?!

手のひらや、足の裏にほくろはありませんか?もしあるとしたら注意が必要です。

 

素人がみてもどれがほくろで、どれがメラノーマなのか判断することはほぼ無理です。
そのため、ほくろと思っていたら実はメラノーマで、気づいた時には進行していたということも少なくありません。

 

メラノーマはがんの中で転移の頻度が高く、死亡率が高いことで知られています。
メラノーマの特徴の1つ「発見しづらい場所にできる」です。メラノーマは、悪性黒色腫とも呼ばれる皮膚がん。墨汁が付いたと思いティッシュで拭いても取れません。

スポンサーリンク

子どもの手のひらや足の裏などのほくろ自体はそう珍しいものではないのですが実際にそれを切除して細胞の検査に回しても結局「フツーのほくろで、何も異常な細胞は見当たりません」で終わる可能性が限りなく100%に近いという感じのようです。

 

ダーマスコープとかいう特殊なカメラがある病院に行けば、怪しいほくろなのかどうかだいたいわかります。
ただ経過観察でどんどん大きくなったら要注意みたいです。
心配や不安になるより、一度調べると安心しますよ。

 

ほくろははじめのうちはたいらですが,少しずつふくらんでくることがあります.顔では丸く膨らむことが多く,からだではいぼのようにふくらむことがあります.やわらかいのが特徴です.ふくらんだほくろの色が抜けてうすくなることもよくあります.

 

実際には、1%以下の確率ですが、巨大な先天性色素性母斑からメラノーマが発生したという症例があります。ですから、大きな先天性色素性母斑がある場合は、部位にかかわらずできるだけ大人になるまでに、切除することが望ましいと思います。

スポンサーリンク

 

おすすめ記事

メラノーマ 子供の確率はいくつ?驚愕の事実とは?

メラノーマは10万人に1〜2人、後天性(生後の成長過程および成人してからできたほくろ)がメラノーマを発症する場合の確率のようです。ただし近年増加傾向にあるようで...

≫続きを読む

メラノーマ 子供の手術を行うのは大変なこと!?

小さいこどもの手術を行うということは本人や家族にとっても大変なことです。そのリスクを、てのひらに乗るくらいの小さな機械で防ぐことが出来るのであれば、とっても良い...

≫続きを読む

メラノーマ 子供の画像・写真はこちら

メラノーマ 子供の画像・写真をご覧になりたい方はYAHOOジャパンかgoogleの画像検索機能を使うと効率よくお目当ての画像を探し出すことができます。⇒ YAH...

≫続きを読む

メラノーマ 子供 治療を行う場合黒色腫の生存率は高い?

黒色腫を診断したり鑑別したりできる血液検査(腫瘍マーカー)はありません。このため、上記の危険信号のうちのいずれかがある場合は、かかりつけ医に速やかに伝えることが...

≫続きを読む

爪にメラノーマが?!子供の進行速度が気になる?

メラノーマははっきり言いますと、悪性の皮膚ガンの一種です。悪性黒色腫とも呼ばれています。このメラノーマは、進行速度が非常に早いのが特徴です。メラノサイトと呼ばれ...

≫続きを読む

足の裏のメラノーマは子供には命の危険がある?!

手のひらや、足の裏にほくろはありませんか?もしあるとしたら注意が必要です。素人がみてもどれがほくろで、どれがメラノーマなのか判断することはほぼ無理です。そのため...

≫続きを読む

メラノーマが子供の背中に発生?!

メラニン色素の産生程度により、褐色〜茶色などを呈するものも存在し、きわめてまれにメラニンをほとんど産生しないメラノーマがあり、常色〜淡紅色を呈することもあります...

≫続きを読む