メラノーマ 足の裏を手術になる可能性も?

スポンサーリンク




メラノーマ 足の裏を手術になる可能性も?

ホクロの除去は手術と言っても局部麻酔の簡易的な物です。ホクロの周りを目玉状にサインペンでマーキングし、その部分を切り取ります。

 

手術が必要な場合

 

  1. ほくろと周囲の皮膚との境界線がはっきりしない。
  2. ほくろがジュクジュクして見える。
  3. ほくろの色に濃淡(ムラ)がある。
  4. ほくろの形がいびつである。
  5. ほくろが、直径 7mm以上ある。

 

以上の項目に1つでも当てはまるようなら、速やかに病院の皮膚科で検査を受けることをおすすめします。

スポンサーリンク

術中、術後についてですが、術中は麻酔の注射が痛いだけで、メスを入れている時はまったく痛みはありません。
ただ、術後の麻酔が切れた瞬間に、かなりの痛みが訪れます。

 

悪性の場合は、飛び散りが無いようにメスで切除縫合手術を行うケースが多いようです。

 

病院によって違いはありますが、だいたい1〜2週間で正確な結果が出るようになっています。
ここの皮膚は他より硬いため、治るまでに時間がかかりやすくなっています.。

 

メラノーマは抗がん剤、放射線治療があまり効かないため、発見が遅れて転移していない限り、手術により腫瘍をすべて摘出することが多いようです。

 

手術後の再発予防のためには、免疫活性化作用やがん細胞の増殖抑制作用を持つ「インターフェロンβ」による治療を行うこともあります。

スポンサーリンク

 

おすすめ記事

メラノーマ 足の裏 初期はほくろと間違える程度?

初期のメラノーマはほくろと間違える程度で自覚症状はありませんが、進行すると潰瘍やびらんができ、じゅくじゅくしたり出血したりするようになります。メラノーマだとした...

≫続きを読む

メラノーマ 足の裏 画像・写真はこちら

メラノーマ 足の裏 画像・写真をご覧になりたい方はYAHOOジャパンかgoogleの画像検索機能を使うと効率よくお目当ての画像を探し出すことができます。⇒ YA...

≫続きを読む

メラノーマ 足の裏にしみができた場合はメラノーマ?

足の裏のメラノーマは、最初は茶色のシミができて、その色が濃くなり、まだらに拡大していく。進行すると、シミが盛り上がったり形がいびつになったり、じくじくとした潰瘍...

≫続きを読む

メラノーマ【足の裏のほくろの全てがガンじゃない?】

ほくろは体のいたるところにできる可能性があります。ほくろには、先天性と後天性のものがあり、思春期以降にできる後天性のほくろは、紫外線が原因でできることがほとんど...

≫続きを読む

メラノーマ 足の裏を手術になる可能性も?

ホクロの除去は手術と言っても局部麻酔の簡易的な物です。ホクロの周りを目玉状にサインペンでマーキングし、その部分を切り取ります。手術が必要な場合ほくろと周囲の皮膚...

≫続きを読む

メラノーマ 足の裏を治療があまり効かない?

メラノーマは抗がん剤、放射線治療があまり効かないため、発見が遅れて転移していない限り、手術により腫瘍をすべて摘出することが多いようです。メラノーマは進行が早く、...

≫続きを読む

メラノーマ 足の裏の痛みが耐えられない?

全てのホクロが癌というわけではありませんが、もしそれが癌だった場合早期発見、早期治療しないと取り返しがつかないことにもなりかねません。気になるようでしたら皮膚科...

≫続きを読む

メラノーマ 子どもの足の裏左足のかかとのあたりに?

子どもが左足のかかとのあたりに、2mmほどのほくろのようなものを発見しやすいです。これこそがメラノーマの特徴の1つ「発見しづらい場所にできる」です。メラノーマは...

≫続きを読む