メラノーマ 足の裏を治療があまり効かない?

スポンサーリンク




メラノーマ 足の裏を治療があまり効かない?

メラノーマは抗がん剤、放射線治療があまり効かないため、発見が遅れて転移していない限り、手術により腫瘍をすべて摘出することが多いようです。

 

メラノーマは進行が早く、早期発見、早期治療が重要となります。
発症の要因の一つとして「外的刺激」があると考えられていることから、歩くことで常に刺激を受けている足の裏が多いのではないかとされています。

 

確定診断に至ったら、他の部位への転移の有無や治療の可否を調べるために、画像検査(CT、MRI、PET、X 線検査、 超音波検査など)や心機能、肺機能、腎機能検査、血液検査などが行われます。

スポンサーリンク

基本的に病期(病気の進み具合)に合った治療方針で行います。従来の治療経験や研究データから推奨された治療法が確立されてきて、それが標準的治療とされています。まず、最初に発生した部位は手術により広めに切除します。

 

ほくろはどの部分に出来ても同じですが、良性と悪性の2種類に分かれます。
良性であればただのほくろです。

 

悪性であった場合には、メラノーマという皮膚ガンという事になります。

 

黒褐色調のできものすべてが悪性黒色腫ではなく、むしろその頻度は少ないのですが、自己診断は禁物です。また、早期に発見して治療を開始することが第一であることから、後天性色素性母斑変化がみられたら、ためらうことなく皮膚科専門医を受診してください。

スポンサーリンク

 

おすすめ記事

メラノーマ 足の裏 初期はほくろと間違える程度?

初期のメラノーマはほくろと間違える程度で自覚症状はありませんが、進行すると潰瘍やびらんができ、じゅくじゅくしたり出血したりするようになります。メラノーマだとした...

≫続きを読む

メラノーマ 足の裏 画像・写真はこちら

メラノーマ 足の裏 画像・写真をご覧になりたい方はYAHOOジャパンかgoogleの画像検索機能を使うと効率よくお目当ての画像を探し出すことができます。⇒ YA...

≫続きを読む

メラノーマ 足の裏にしみができた場合はメラノーマ?

足の裏のメラノーマは、最初は茶色のシミができて、その色が濃くなり、まだらに拡大していく。進行すると、シミが盛り上がったり形がいびつになったり、じくじくとした潰瘍...

≫続きを読む

メラノーマ【足の裏のほくろの全てがガンじゃない?】

ほくろは体のいたるところにできる可能性があります。ほくろには、先天性と後天性のものがあり、思春期以降にできる後天性のほくろは、紫外線が原因でできることがほとんど...

≫続きを読む

メラノーマ 足の裏を手術になる可能性も?

ホクロの除去は手術と言っても局部麻酔の簡易的な物です。ホクロの周りを目玉状にサインペンでマーキングし、その部分を切り取ります。手術が必要な場合ほくろと周囲の皮膚...

≫続きを読む

メラノーマ 足の裏を治療があまり効かない?

メラノーマは抗がん剤、放射線治療があまり効かないため、発見が遅れて転移していない限り、手術により腫瘍をすべて摘出することが多いようです。メラノーマは進行が早く、...

≫続きを読む

メラノーマ 足の裏の痛みが耐えられない?

全てのホクロが癌というわけではありませんが、もしそれが癌だった場合早期発見、早期治療しないと取り返しがつかないことにもなりかねません。気になるようでしたら皮膚科...

≫続きを読む

メラノーマ 子どもの足の裏左足のかかとのあたりに?

子どもが左足のかかとのあたりに、2mmほどのほくろのようなものを発見しやすいです。これこそがメラノーマの特徴の1つ「発見しづらい場所にできる」です。メラノーマは...

≫続きを読む