メラノーマ 子どもの足の裏左足のかかとのあたりに?

スポンサーリンク




メラノーマ 子どもの足の裏左足のかかとのあたりに?

子どもが左足のかかとのあたりに、2mmほどのほくろのようなものを発見しやすいです。
これこそがメラノーマの特徴の1つ「発見しづらい場所にできる」です。メラノーマは、悪性黒色腫とも呼ばれる皮膚がんです。

 

ほくろは元々細胞の異常からできるものですので、刺激を与えるとがん化してしまうのもうなずけます。こうして足のうらにあるホクロは怖いと昔から言われ続けていますが、実際にがん化するのは10人に1人だと言われています。

スポンサーリンク

初期の段階では普通のホクロのようであり、また痛みや痒みなどの症状もないため、ホクロと間違えやすいですが、発症に男女差は殆どなく、60代以降の老年期に発症する確率が高いガンです。

 

大部分のホクロは小児期以降に発生します。生まれつきのホクロは決して多くはありません。皮膚科的には、生れつきの皮膚の奇形のことを母斑(ホクロ)といいます。母斑細胞といわれる皮膚とは異なる起源の細胞が増殖しているものが母斑細胞性母斑であり、これがホクロです。

 

本来、細胞の異常からできるものなので、刺激を与えるとガン化してしまうことがあるといわれています。

 

実際にガン化するのは10人に1人といわれています。
しかし、ここにあるのは良くないと昔から言われているので、見つけた人は医療機関で診断を受ける人が多いようです。

スポンサーリンク

 

おすすめ記事

メラノーマ 足の裏 初期はほくろと間違える程度?

初期のメラノーマはほくろと間違える程度で自覚症状はありませんが、進行すると潰瘍やびらんができ、じゅくじゅくしたり出血したりするようになります。メラノーマだとした...

≫続きを読む

メラノーマ 足の裏 画像・写真はこちら

メラノーマ 足の裏 画像・写真をご覧になりたい方はYAHOOジャパンかgoogleの画像検索機能を使うと効率よくお目当ての画像を探し出すことができます。⇒ YA...

≫続きを読む

メラノーマ 足の裏にしみができた場合はメラノーマ?

足の裏のメラノーマは、最初は茶色のシミができて、その色が濃くなり、まだらに拡大していく。進行すると、シミが盛り上がったり形がいびつになったり、じくじくとした潰瘍...

≫続きを読む

メラノーマ【足の裏のほくろの全てがガンじゃない?】

ほくろは体のいたるところにできる可能性があります。ほくろには、先天性と後天性のものがあり、思春期以降にできる後天性のほくろは、紫外線が原因でできることがほとんど...

≫続きを読む

メラノーマ 足の裏を手術になる可能性も?

ホクロの除去は手術と言っても局部麻酔の簡易的な物です。ホクロの周りを目玉状にサインペンでマーキングし、その部分を切り取ります。手術が必要な場合ほくろと周囲の皮膚...

≫続きを読む

メラノーマ 足の裏を治療があまり効かない?

メラノーマは抗がん剤、放射線治療があまり効かないため、発見が遅れて転移していない限り、手術により腫瘍をすべて摘出することが多いようです。メラノーマは進行が早く、...

≫続きを読む

メラノーマ 足の裏の痛みが耐えられない?

全てのホクロが癌というわけではありませんが、もしそれが癌だった場合早期発見、早期治療しないと取り返しがつかないことにもなりかねません。気になるようでしたら皮膚科...

≫続きを読む

メラノーマ 子どもの足の裏左足のかかとのあたりに?

子どもが左足のかかとのあたりに、2mmほどのほくろのようなものを発見しやすいです。これこそがメラノーマの特徴の1つ「発見しづらい場所にできる」です。メラノーマは...

≫続きを読む