ほくろ悪性【色に黒い部分と茶色い部分がある?】

スポンサーリンク




ほくろ悪性【色に黒い部分と茶色い部分がある?】

ホクロから悪性黒色腫(メラノーマ)になるかについては現在、争いがあるようですがホクロとガンは別物という意見が多いように思います。

 

メラノーマとホクロの違いは、「色」です。一般的にホクロの色は、こげ茶色である事が多いです。しかしメラノーマの場合は、真っ黒であったり、赤っぽかったりします。ですから、ホクロの色が急に真っ黒になったり、赤っぽくなったりした方は、すぐに病院に行った方が良いです。

スポンサーリンク

厚みの薄いほくろは、多くの人が持っています。ほくろの色も黒や茶色など人によって色が異なります。薄いので厚みによる違和感を感じることもなく、日常生活への支障もありませんが大変危険な状態かもしれません。

 

日本人では足の底や足の爪など、靴で慢性的に刺激を受けやすいところや衣類がこすれる部分、外傷を負った部分などに多く悪性黒色腫ができることから、外からの継続的な刺激もリスク要因とみられています。

 

死に至るがんのほくろは色も形も大きさも色々です。黒、茶、青、その他に色のついていない肌色のほくろもあります。平らなもの、少し盛り上がったもの、コブのように膨らんだものもあります。

 

大きくなってくるのが特徴です。色は無色に近いものから茶色や褐色、黒に近いものまで様々です。
もし血縁者の中に悪性黒色腫にかかった人がいる場合、このリスクは非常に高くなります。異型性ほくろができる体質は遺伝します。

スポンサーリンク

 

おすすめ記事

ほくろ悪性【見分け方のコツと危険性について】

同じ腫瘍といっても、ほくろとがんは全く別のものになります。それでは、その見分け方ですが、実は簡単に見分ける方法があります。皮膚がんは、異常増殖した細胞のため、形...

≫続きを読む

ほくろ 悪性【子どもの生まれつきのほくろが悪性化?】

メラノーマという 皮膚がんになるものもあるのも事実のようですが稀であり、0〜10代での発症はまずあり得ないし ほとんどが中年ということです。表皮に発生したメラノ...

≫続きを読む

ほくろ 悪性【治療で完全除去できる?】

治療はリンパ節郭清(かくせい、がんの根治・予防のため、周辺のリンパ節をすべて切除すること)を併せて行う場合もあります。一般的には、抗がん剤などによる化学療法も行...

≫続きを読む

ほくろ 悪性【皮膚科を受診するのが正解?】

メラノーマの場合、もともとただのホクロだったものが途中で悪性化するケースも確認されていますので、「昔からあったものだ」という理由だけで安心はできません。変化が見...

≫続きを読む

ほくろ 悪性【変化を見逃さないようにしよう】

皮膚がんの場合は徐々に成長していき、やがて潰瘍などができることが一般的です。皮膚がんを早期発見するためにも、ホクロの変化を見逃さないようにしましょう。一般的に直...

≫続きを読む

ほくろ悪性【赤ちゃんにもほくろはできるの?】

赤ちゃんでも使用できる日焼け止めクリームを塗ってあげる、帽子をかぶせるなどの対策をしてあげたいですね。また一度できたほくろが自然に消えることはないと思ったほうが...

≫続きを読む

ほくろ悪性【色に黒い部分と茶色い部分がある?】

ホクロから悪性黒色腫(メラノーマ)になるかについては現在、争いがあるようですがホクロとガンは別物という意見が多いように思います。メラノーマとホクロの違いは、「色...

≫続きを読む

ほくろ 悪性【痛みがある時は要注意?実は危険な状態?】

ほくろは良性の腫瘍で、特に気にならなければ取る必要はないといわれています。しかし、痛みやかゆみ、炎症、出血などを伴うような場合は、ほくろの病気を疑う必要性があり...

≫続きを読む

ほくろ悪性【陰部の粘膜の最も表層にがんができる?】

外陰がんのほとんどが、外陰部の粘膜の最も表層にがんができる扁平上皮がんで、約80%と大半を占めます。しこりができやすいのが特徴です。メラノーマは確かに怖い病気で...

≫続きを読む

ほくろ悪性【生まれつきある大きなホクロはほとんどが良性?】

大抵のほくろは良性のもので、出産した病院で何か指摘されたり、3ヶ月健診、6ヶ月健診のときに小児科や専門の病院を受診するように言われたりしなければ、そのまま放って...

≫続きを読む

ほくろ悪性【大きさが成長したものは皮膚がんの可能性があり?】

良性のホクロは、大きくても直径5ミリ以下のものがほとんどです。それ以上の大きさに成長したものは皮膚がんの可能性がありますので注意してください。悪性黒色腫は大きさ...

≫続きを読む

ほくろ悪性【おしりと腰の間に直径2〜3センチのホクロ?】

おしりのほくろの大きさが6mm以上であれば早急に皮膚科で診察されたほうがいいと思います。ある程度おおきな病院の皮膚科ですと、ダーモスコープという医療用の眼鏡でほ...

≫続きを読む